あおやまこはぜ

こはぜ

あおやまこはぜ > CASE
  • Apparelアパレル

    国産アパレルメーカーのオリジナルデザイン。
    1着16万円のジャケットですが、こうした装飾として使われる場合、美しさに加えて柄や色も求められます。凸凹のない柄によって美しさを提案できるのも弊社ならではのものです。

  • スーツのボタン代わりに使用。名前を刻印することもできます。
    ジーンズのジッパーの代わりに使用イメージ。外れにくく、おしゃれなデザインになります。

Accessory装身具

左:忍者ブームもあり、手甲も脚絆も流行。
地下足袋メーカーが職人用に製造しています。
右:ブローチやイヤリング。ハンドメイド感覚で好きな柄をアレンジして作ります。

Bag

左:神戸の鞄メーカーで製造。留め具として。また装飾としても使用しています。
右:三重県伊賀市の雑貨店で販売されているハンドメイド品。装飾に使用されています。

Miscellaneous goods雑 貨

左:京都のブランド名刺入れ。オリジナルの柄が入っています。
右:七福神24kストラップ。土産物店、神社仏閣等で販売。ノベルティとして使用。

Handicraft shop手芸店

左:オリジナルバッグの留め具として、ゴムひもに結んで使用できます。ノベルティグッズにもなります。
右:テレビショッピングで販売されたミニ財布。装飾に使用。

Shoes

スニーカーの感覚でデザインされた新市場展開が進んでいる「足袋スニーカー」等

近年日本のランニング人口は増え、今では1000万人を超えるとも言われています。こうした中、注目されているのが、つま先着地走法=フォアフット走法(ベアフットラン)というもので、この走法が活かされるクッション性を極限まで無くし、つま先とかかとの高低差を無くしたシューズが人気になってきました。このシューズこそ、まさに日本の地下足袋です。足袋型の靴は、「踏ん張る力」「安定性」「蹴りだす力」が普通の靴よりも優れていることが検証されていますが、スポーツ用品を扱う某会社によると、足の甲のフィット感を増すために、こはぜの効果が期待されています。現状ではスポーツシューズとしての足袋型靴でこはぜを使用した靴はありません。

株式会社青山産業研究所

作業風景

本物志向こはぜ「あおやまこはぜ」の製造から販売まで

〒669-2202 兵庫県篠山市東吹366-1

TEL:079-558-8418
FAX:050-3033-0452

e-mail:info@aoyama-kohaze.com

会社概要はこちら

あおやまこはぜ

あおやまこはぜ

「あおやまこはぜ」だから味わえるフィット感があります。あおやまこはぜは「着物を着る際、足袋をはくけど、こはぜに異物感を感じてしまう」「自分の体に柔軟に対応できるこはぜがほしい」などのお悩みにお応えします。

Q&Aはこちら

ページ上部に戻る